アール・クラの言語聴覚士について

言語聴覚士と歯科医師との連携とは

アール・クラ横浜では言語聴覚士による嚥下(飲み込み)のリハビリテーションを

安全に提供するため『原宿わたなべ歯科診療所』と連携しています

原宿わたなべ歯科診療所はこちら

嚥下障害の原因

神経・筋肉の異常

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍など)
神経筋疾患(パーキンソン病、多発性硬化症、進行性格上麻痺など)
形態の異常

のどや食道の手術後(がんや腫瘍など)


廃用によるもの

各疾患後の廃用症候群

加齢によるもの


嚥下障害の評価は誤嚥性肺炎や窒息のリスクがあるため、場合によっては言語聴覚士ひとりでの判断が難しいことがあります。
アール・クラ横浜では『原宿わたなべ歯科診療所』と連携し、言語聴覚士では行えない専門的な検査が必要な場合に 訪問診療での嚥下機能検査をお願いしています。
原宿わたなべ歯科診療所は往診で「嚥下内視鏡検査(VE)」を実施しています

VE検査とは


鼻から内視鏡を挿入した状態で、直接のどを観察しながら食物を摂取し、嚥下状態を観察する検査です。
(検査費用は医療保険1割の方で2000円前後)

内視鏡検査

言語聴覚士によるリハビリまでの流れ

ケアマネージャーから訪問看護の依頼(言語聴覚士のリハビリ依頼)

次のステップへの矢印

言語聴覚士によるリハビリ ➡ 歯科医師の専門的な検査が必要か判断

次のステップへの矢印

検査の必要性ありと判断

ご本人・家族・ケアマネージャー・主治医と相談の上、歯科医師に往診でのVE検査を依頼

次のステップへの矢印

歯科医師の往診 VE検査 (場合によって1~3ヵ月ごとに定期的な検査)

次のステップへの矢印

検査結果を確認したうえで、言語聴覚士によるリハビリ

アール・クラ横浜では、多職種の連携を密に図ることで、今後もより質の高い看護・リハビリの提供を目指していきます。